タティングゆいゆい

友達とメールしていたところ

「最近 タティングレースやクンストストリッケンレースを楽しんでるよ~♪」

「へぇ~ すごいなぁ
 先日アンティークショップで
 フランスの古いタティングレースを見て欲しかったんだけど
 いいお値段だったから 諦めたんだ
 今度見せてね~♪」

「じゃぁさ♪ moonが結った画像を送るね」

送信

「この間のは見れたんだけどねぇ 今回画像見れないよ~~~

「え~~~ もう一回 送るね」

送信

「やっぱ ダメだわ・・・ なんでだろう

「じゃぁ 写真を変えて送ってみるね

送信

「やっぱり ダメだわ…

って 前置きが長くなりましたが・・・

3回送信しても 閲覧不可だったので

あまりに悔しいから 「実物送ったる」と・・・

画像


画像


画像


「優雅なタティングレース/藤重すみ・著」からのミニドイリーです

上の2つは#40 下の白いドイリーは#20の糸です


フランスのアンティークものとは比べ物になりませんが・・・
さてさて どれを送ろうかなぁ~

この記事へのコメント

2011年03月26日 14:31
今まで送れていた画像が送れない…。っていうのも、地震の影響?なんて考えてしまいがちですけど、でも、画像よりも実物の作品が送られるなら、その方がいいのかも知れませんね。
お友達はどれが送られてきても、うれしいことと思いますし、きっと大切に使ってくれると思います。

私は、タティングレースやクンストストリッケンレース、最近とんとご無沙汰です。
寄り道から戻って、久々にビーズに力を入れ始めたばかりですけど、こうしてmoonさんの作品を見ると、またタティングやクンストをやりたくなってきます。
どちらも、レース糸とシャトル・編み棒があれば作れる省エネ手芸ですから、これなら寄り道したっていいですよね…。
moon
2011年03月27日 22:30
 えとせとら☆さま 
きっと画像が見れないのは その時の相性が悪かったんでしょう… それとも「恥ずかしいから見せない方がいい!」って電波中で却下されたのか… お友達はかなりアンティークものや海外雑貨について詳しいので 自作を送っちゃうmoonはかなりのチャレンジャーかもしれません

moonの住んでる地区は 計画停電が割と確実に行われている場所で 電気が何も使えない時間の時間潰しにはタティングが持って来い♪なんです。道具類も小さな袋にこじんまりしてますしね。
直線で進むより 寄り道した方が何かしら新しい発見やいい発想に出会えたりするものです。えとせとら☆さんも 寄り道楽しんで下さいね

この記事へのトラックバック