レッツ・パッチワーク 19

デアゴスティーニの隔週刊パッチワーク
1号に1つ出来るパターンと違い 
数号に渡って作る小物類がレッツ・パッチワーク
今回は 5号に渡って作る作品です

まず 43号で作るのはこちら・・・
画像

先日作ったパターン「ばらのリース」と同じです
まずは 葉っぱと茎をちくちくしました

次の44号では パターンを完成させます
画像

お花とリボンを足して トップの出来上がり
アップリケのサイズは 25cm角
先日のパターンよりは かなり大きめです

次の45号では 下にストライプの生地を足します
画像

裏にキルト芯も縫い合わせてあります
表と裏 2枚作りますが 裏の柄は選べるようになってます
でも それは最後にご紹介

次の46号で 本体を縫い上げます
画像

ここまで来ると 何が出来上がるのかはほぼ判りますよね
45号・46号と仕立てるのに 本では手縫いでしたが
moonはミシンでダダダダダァーっと
伯母からもらったコンピューターミシンは
厚いものが縫えない軟弱物なので
母の頑丈な直線ミシンでダダダダダァーってね
多分 キルト芯2枚分重なった箇所とかは
手縫いじゃ大変だよね

そして 持ち手と内布を付けて 47号で完成です

          アップリケのトートバッグ
画像

サイズは約30㎝×36㎝ まちは8㎝ありますから
かなり大きめのトートバッグです

裏は トップの余り布から ワンポイントのお花かリボン
またはシンメトリーのお花モチーフか・・・
画像

小さな花束のモチーフを 選べるようになっています

内布は 花モチーフのブルーの水玉布で ポケットを1つ縫いつけました

今まで 小さな小物ばかりでしたが
今回はB4サイズもすっぽり入る大作
アップリケは曲線ばかりで大変でしたが
バッグに仕立てるのは直線だけなので楽に出来ました♪

次号のレッツ・パッチワークは何だろう
みなさんも お楽しみに~♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック